営業支援の方法は様々あるけれどツールも忘れずに

営業支援の方法は様々あるけれどツールも忘れずに

もしこれ以上人数が増えなかったら、料金は誰が持つことになるのか?頭割りするか、いやそんな飲み会は聞いたことがない。不運君早く来いという願いも空しく、現れたのは同窓会終了の30分前。頭をぺこぺこ下げながら大して悪いと思っていない顔で現れた不運君に「ちょっとここ座れ」と声を掛けたのは普段は温厚な営業支援くん。そんな厳しい表情の営業支援くんは初めて見た、やるときはやるじゃんとちょっと営業支援くんの好感度がアップ。ツールちゃんも横でそれを眺める。不運くんは正座をして営業支援くんの話を首を垂らして聞いている、当たり前だ。同窓会の計画の時といい、当日の大失態といいツールちゃんも営業支援くんも
私も頭をかしげる事ばかり。やっぱり社会人としてリアルワールドを経験しないと人間って常識が培われないんだねってその時改めて思った。性格がのんびりしているとかいう問題のレベルとは違うよねって後日ツールちゃんと営業支援くんと語り合ったのを覚えている。

http://www.nekonet.co.jp/service/system/eigyo_mieruka.html