社内での円滑なコミュニケーションを取る方法

社内での円滑なコミュニケーションを取る方法

社内でのコミュニケーションが円滑に図れないという人は趣味を増やすのが良いかもしれません。
趣味というのは自分の充実した休日を過ごすという側面だけでなく、視野を広げ、会話の幅を作るという重要な役割も含んでいます。
そのため、もしも休日をダラダラ寝て過ごしてしまうという人は趣味を増やすことによって社内での立ち位置が変化する可能性があるのです。

例えば、金澤幸雄は休日に映画とドライブを楽しんでいます。
ドライブというのは車を運転する楽しさはもちろんのこと、知らない土地に行ってその風土に触れるという醍醐味もあります。
また、小旅行することによって旅先で起きたことを話題としてストックすることが出来るのです。
さらに、各地で売られているお土産を渡すことによって何かしら会話のきっかけになります。
そのため、金澤幸雄は社内でも中心人物となっています。

会社にスポーツサークルがあるという人はそこに加入するというのも良いでしょう。
金澤幸雄はバスケットボールサークルに加入していますが、運動だけでなくコミュニケーションを積極的に取ることでチーム内の主導権を握っています。
このような積極性が社内での自分の居場所を作るため重要だと言われているのです。