現状維持か新規契約か、消費者に求められる2つの選択

現状維持か新規契約か、消費者に求められる2つの選択

電力自由化によって、ユーザーが考えるべき選択肢は二つです。
一つ目の選択肢として考えたいのが、現状維持になります。
何か消極的な手に思われますが、まだ市場の状況が不透明であり、特に今現在の電気代に大きな不満を抱いていない家庭であれば、現状を保った方が対局的にお得になります。
大手流通系サービスや住宅販売サービス、プロバイダサービス、携帯電話会社等が挙って参入していますが、企業の方も手探り状態でプランや料金体系を決めているのが実情です。
新規契約に魅力をさほど感じていない方や、電気、携帯電話やガス、プロバイダ料金などを大して利用していない家庭は世間に合わせて乗り換えるメリットは薄いでしょう。
新規参入の業者の大半は優良企業ですが、電気事業に関してはノウハウが少なく、安定供給やサービス品質に疑問を投げかける意見もあります。
一方で現状の生活費に不満を抱いている方は乗り換えたほうが良いでしょう。
ネット上には自分の家庭の需要に合った最適プランを教えてくれるシミュレーションサービスがあります。
簡単なQアンドAに回答するだけで適切な企業の適当なプランをガイドしてくれますので、乗り換え時の参考材料となります。
電気代と携帯電話代のセット、旅行サービスと電気代のセット等もあり、スマホや国内旅行を頻繁に利用している方は、既存の契約先からそういったセットサービスがある新規企業に移りましょう。
電力自由化によって契約は、ほぼ携帯電話のプラン並に楽になりました。
一度契約したら一生そのままという事はなく、一度契約したがさほど、お得感を感じなかったと思えば、再び乗り換えキャンペーン等を利用し、別の企業に移行すれば、新規契約時の電気代の割引が得られます。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE