少ない人数で効率的に会社を経営して行こう

少ない人数で効率的に会社を経営して行こう

大手企業のように何もしなくても毎年沢山の入社希望者が来るような企業ではなく、毎年少ない入社希望者の中からしか働いていくれる仲間を選べないような中小企業の場合には死活問題になってしまいます。
特に離職率の高い会社ですと、いくら人材を確保した所で、慢性的な人手不足に陥ってしまいます。
スタッフを育成するのには、時間も労力もお金もかかります。
途中で退社されるとそれらが全て無駄になってしまうのです。
会社は優秀な人材を確保すると共に、優秀な人材が長く働きたいと思うであろう企業に成長していかなければいけません。

優秀な人材を集めるためには、やりがいのある職場を用意してあげなければいけません。
お給料面などはもちろんですが、他にも資格の取得をサポートしたり、事業面でクリエイティブな発想を形にするようなことも重要になります。
逆に単純作業や誰でもできるような作業ばかりをさせてしまうと、社員のモチベーションが上がらずに離職率が高まるリスクがあります。
その為、面接コボットのようなRobotic Process Automationを導入できるのであれば、積極的に導入していくことをおすすめします。
Robotic Process Automationは、モチベーションの維持だけでなく少ない人材でも効率的に業務を遂行できる仕組み作りにも最適です。

https://rpa-bank.com/tag/面接コボット/