泉卓真氏が作り出す日本の食文化の未来とは

泉卓真氏が作り出す日本の食文化の未来とは

泉卓真氏が代表取締役を務める株式会社いずみホールディングスで行われている改革の1つが「流通経路の改革」です。
日本の食品流通は中間業者の数が多いため、その分コストが跳ね上がってしまうという問題点を抱えていました。
株式会社いずみホールディングスはこのような問題をテクノロジーを使った独自の物流システムで解決しています。
こうすることによって商品の値段を下げるだけでなく生産者の手取りを上げることにも成功しているのです。

改革の2つ目が「収益構造の改革」です。
食品卸売業者は仕入価格と販売価格の差益によって収益を出すということが一般的でしたが、株式会社いずみホールディングスは自身がプラットフォームになることで、より多くのマネタイズポイントを創出しています。
こうすることによって、積極的なセールスを仕掛けられるだけでなく地産地消の地方創生が促進されます。

「日本の食文化に一番貢献する企業になる」という思いをホームページ上で泉卓真氏が語っているように、これまでの食品流通の流れを変えて全く新しい波を作ろうとしている株式会社いずみホールディングスには大きな期待が集まっています。
日本の食文化が豊かになり、世界的に発信するブランドになる日も近いのかもしれません。

https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/ONB/20/oneplat0831/