泉卓真氏が目指す日本の食文化への貢献

泉卓真氏が目指す日本の食文化への貢献

食品卸業者はその収益を仕入れ価格と販売価格の差益にのみ依存するというケースが今まで殆どでした。
しかし、そうした場合、中間業者を経由するたびに手数料が発生するためコストが増加するというジレンマがあったのです。
従来の食品流通の場合にはそうしなければ正しく流通が働かなかったり、円滑な商品の受け渡しが出来なかったことが中間業者を発生させた要因として挙げられます。

株式会社いずみホールディングスでは、今までの食品流通を改革し生産者と消費者の距離を近づけることに成功しました。
その秘密がテクノロジーの活用です。
物流管理をAIなどの最新技術を用いたものにすることによって、これまで中間業者に頼っていた物流の最適化を成し遂げることに成功しました。
これによって価格を下げることが可能になっただけでなく、生産者への取り分も多くすることが出来るためwin-winの関係性が成り立つのです。

また、収益構造の改革によるマネタイズポイントの増加も見逃せません。
こちらは独自のプラットフォームを構築することで生産者や自治体、企業などと飲食店や消費者を結びつけることに成功しています。
こうした取り組みは「日本の食文化に一番貢献する企業になる」という代表取締役社長の泉卓真氏の思想が表れていると言われており、企業としての要となるポイントのひとつです。

https://www.seminarjyoho.com/teacher_show_136095.html